Sakura塾ブログ~Sakura満開~

通塾についてのご相談

明日にも大阪府に緊急事態宣言が出される予定で、明後日から施行、現状では5/6までという方針だそうです。緊急事態宣言のもとでは、東大阪市が案内していた小学生・中学生の自主登校も実施されなくなる可能性が大いにあります。また、あくまで今のところ5/6までということですが、それが伸びる可能性も大いにあります。

緊急事態宣言で個人や企業等に対してできることはあくまで「自粛要請」であり、はっきり言えば今までと大きくは変わりません(ただし、企業は要請より一段階上の「指示」をされる場合があります)。海外でのロックダウンとは異なり、自宅待機に強制力はありません。個人に対しては、買い出しや仕事などを除く外出自粛の要請です。もちろん、昨日と今日で周辺環境が大きく変わったわけでもありません。しかし、緊急事態宣言下においては、個人も企業も自粛に対しての意識が高まることは間違いありません。

塾として、緊急事態宣言が出た場合においては、少なくとも学習塾に対しての「自粛協力要請」はあるでしょうから「5/6まで臨時休校」とするのが妥当です。しかし、塾生・保護者の皆様からご理解とご希望をいただけるのであれば、状況をみながら塾をあけたいと考えています(できる範囲で)。

正直に言えば、塾を開けるは開けるで大変ですし、塾を閉めるは閉めるで大変です。この1ヶ月以上、未曾有の事態に判断を悩み続けています。「塾を開けてていいんですか?」と問われても、「塾を閉めればそれでいいんですか?」と問われても、「…」と黙り込んでしまいそうな状況です。だったら、可能な限り塾生・保護者の希望に沿う形で頑張りたいと思っています。

先日もお伝えしましたが、課題・動画配信・オンライン授業は通塾のかわりになるとは思えません。勉強するための問題集や動画は、ネットやYouTubeを探せばすぐに見つかります。しかし、課題・動画は「あってもやらない、見ない」のが現状ではないでしょうか。また、こちらで子どもたちに課題や動画視聴の指示をすることが保護者の皆様のご希望に沿うとも思えません。オンライン授業も、準備できるご家庭の環境に差があるでしょうし現状は問題も少なくありません。対象が高校生や大学生ならまだしも…と思いますが、小学生・中学生の場合は難しいと考えています。

また、以前からお伝えしている通り、学習面以上にご家庭から日常が奪われているストレスがあるかと思いますので、休校要請時と変わらず、他のところよりは安全と健康に配慮された外出先として塾をあけたいと考えています。

前回の学校休校時にもご相談させていただきましたが、その際は多くの保護者様のご理解とご協力が得られ、時間等を変更して通塾を維持することができました。しかし、今回は前回とは状況が異なりますので、再度、保護者の皆様のご意見を伺いたく思います。

塾を開ける場合は、基本的に前回ご案内した4月通塾方針に従って運営しようと考えています。「予定通りやってくれるほうがよい」「さらに時間や回数を制限した形でやってほしい」「どうするにしても先生(私)に任せる」「絶対休校にしてほしい」「塾を開けることになってもうちの子は休ませる」などいろいろお考えがあると思いますので、お忙しいこととは思いますが、LINEでご意見をご返信いただきたく思います。塾を開けてほしいというご希望をいただけるのはほんとうに励みになりますし、休校のご希望(理由もいただけるとありがたいです)も真摯に受け止めたいと思います(あまり攻撃的に伝えられるとテンションは下がりますが…)。

明日には緊急事態宣言が出そうですので、Sakura塾の方針を決定して明日中にご案内するためにも、お忙しい中で大変恐縮なのですが、今日中にご意見をいただきたいです。簡単な返信でもけっこうです。何卒、ご協力をよろしくお願い致します。

なお、明日の授業は予定通りに実施します。よろしくお願い致します。

PAGE TOP