Sakura塾ホームページが新しくなりました。

漢字学習

Sakura塾は、Sakura飛び級に追加して漢字学習を始めました。

この漢字学習の目的は、以下の3つです。

①漢字の読み書きができる
②漢字それぞれの意味を知る
③漢字学習を通して語彙力をつける

漢字学習と聞いてピンときやすいのは漢字の読み書きでしょう。そして、最重視されているのが漢字の書きだと思います。

Sakura塾では、読み書き練習の短文で出てくる全ての漢字を読み書きできるようにします。新出の漢字練習だけでなく、既出の漢字もしっかり読み書きすることで復習を同時にします。

また、Sakura塾では、読み書きに追加して漢字それぞれの意味を学びます。漢字それぞれの意味を知っていると、初めて見る熟語を見ても、意味が予想できるようになります。

例えば、「春夏秋冬のそれぞれの時期」という意味の「キ」であれば「季」、「出版する」という意味の「カン」であれば「刊」です。これを知っていれば、あまり見慣れない「季刊」とう言葉を見ても、「季節ごとに出る本かな?」とだいたい予想ができますよね。

Sakura塾では、読み書き練習の短文の中で、知らない言葉が出てきたら辞書で調べてもらいます。それと並行して、漢字それぞれの意味を学ぶことで語彙力を大きく広げます。

Sakura塾の漢字学習は、漢字の意味を理解して書けることを大事にします。

Sakura塾では漢字の意味を理解して書けることにこだわって、指導の順番を大事にします。

読めない漢字の意味などわかるはずもありません。また、意味もわからず書けるようにしても、忘れてしまうのは時間の問題です。だから、「漢字が書ける」ようになるために、まずは「漢字が読める」→そして「漢字(言葉)の意味がわかる」→最終的に「漢字が書ける」という順番を大事に指導します。

この漢字学習を通して、語彙力を大きく広げれば、文の意味が理解でき、それは文章の読解にもつながっていきます。

目次
閉じる